「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ライフハック

相手との関係を円満にできる仕事の断り方

相手との関係を円満にできる仕事の断り方

 

フリーランスの方はもちろん、会社員の人も仕事を頼まれて断る時は相手に不快に思われたらどうしよう?と不安になる人も多いのではないでしょうか?
しかし忙しさなどで、断るしかない時ってありますよね。

しかし変にきっぱり断って相手に不快な思いをさせてしまえば次の依頼がなくなってしまうかもしれません。
次の依頼も継続してもらうためにも、断り方というのは非常に大切です。

今回は相手との関係を円満に保ちつつ、上手に仕事を断る方法をご紹介します。

 





上手な仕事の断り方

 

相手との関係を円満にできる仕事の断り方

 

それでは早速、上手に仕事を断る方法について見ていきましょう。
ちなみにどの断り方にも、共通することがあります。

それは、感謝と謝罪です。
断る前に必ず感謝とお詫びの言葉をつけてから、次の断り方を使ってみて下さい。

 

忙しいということをアピールする

先約があるので仕事を受けることができないと伝えるのが、一番ベターな方法です。
この方法であれば、相手も納得してくれますし「この人はそんなに人気なんだ!」と相手からの評価も上がるでしょう。

さらに向こうに時間があれば、現在の仕事の後にお願いされることもあるので次の依頼も手に入れることができます。
相手が待てない場合は仕方ないので、他の方に受けてもらいましょう。

 

予算との兼ね合いをする

会社員の方には関係ないかもしれませんが、フリーランスの方であれば単価の面で断る方法もおすすめです。
自分がやりたくない仕事ですので、単価を上げても全く問題ないでしょう。

相手が納得しない場合には、この作業には自分の苦手な部分があり他の方に助けを求める可能性があるだとか、スケジュール的に厳しいといった理由をきちんと伝えましょう。

素直になぜ受けたくないかを伝えると、変にトラブルを起こす可能性が低くなります。

 

自分にはレベルが高いと伝える

こちらは会社員の方も、フリーランスの方も同様に使える断り方です。
できないのであれば、これはできそうにないと正直に伝え「他にできる人を当たって下さい」と断った方が無難です。

できもしないのに依頼を受けて、後からできなかったでは信頼がガタ落ちします。

特に使いやすいのはフリーランスの場合でプロにしかわからない案件であれば、素人から見ても諦めがつくので使いやすい方法かもしれません。

 

逆に提案してみる

面倒に感じる部分を省いて「これなら受けることができますが、どうでしょう?」と逆に提案してみるのも良いかもしれません。

相手も「それなら諦める」という場合と「仕方ないからそれでお願い」という場合の二択になるので、こちらとしてもメリットが大きい仕事の断り方です。

 

 





上手な仕事の断り方でメリットができる

 

相手との関係を円満にできる仕事の断り方

 

仕事を上手に断ると、実は様々なメリットが生じます。
日本人の性格上、仕事が断れないという人も多いかもしれませんが、断ることも大切だということを頭に入れておきましょう。

 

仕事の質が上がる

締め切り直前の仕事などは、急いで仕事をするのでクオリティ的に下がってしまう危険性があります。
実際にあなたも過去の仕事で「いつもであればこんな失敗しないのに…。」と言った経験をしたことがあるのではないでしょうか?

急いでいれば確認が疎かになり、自分が普段しない失敗もしてしまう可能性が高くなるでしょう。

逆に締め切りに余裕がある仕事は、確認も何度もできたりそこでの気付きなどでプラスアルファのクオリティで完成させることができるかもしれません。

このようなことから不要な仕事や、スケジュール的に問題がある仕事は断った方が後々良い結果になることがあります。

 

ストレスが軽減する

仕事をうまく断ることができれば、自分自身のストレスの軽減にもなります。
無理して仕事を抱えすぎて体を壊してしまえば、自分が損するだけです。

さらに最悪の場合は「〇〇さんがこんな仕事頼んできたから、自分は忙しくなったんだ」と相手を責める気持ちが生まれ、今後の関係を悪化させることも考えられるでしょう。

 





仕事の断り方は非常に重要

 

相手との関係を円満にできる仕事の断り方

 

仕事をする上で断り方は、非常に大切なものです。
相手との関係を円満しすることはもちろんですし、次の仕事を再び頂くように断るのは少しコツが必要でしょう。

またできない理由を素直に伝えることが非常に大切なのと、せっかく依頼してきてくれた相手への感謝そして、お詫びを伝えることが基本的な断り方です。

仕事を上手に断ることができれば、受けている仕事のクオリティが上がり相手を満足させることができますし、期日に間に合えば評価を下げることもありません。

無理に受けてしまえばストレスになったり、パンクして自分の評価を下げてしまうことも考えられるので無理せず仕事は断っていくのが上手に働いていくポイントとも言えるでしょう。

どうやって仕事を断ればいいか悩んでいる人は、まずなぜ嫌なのか?その理由を明確にすることが大切です。

 

-ライフハック

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.