「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ライフハック

USBメモリの容量は最大で何GB?【コスパも調査】

2019年6月22日

USBメモリには寿命がある?放置をすると保存したデータが消える?

こんにちは、あわもりです。

先日、セブンイレブンのくじ引きでUSBメモリが当たりまして、そもそもUSBメモリの寿命ってどれくらいだろう?重要なデータのバックアップに使っても大丈夫だろうか?と疑問に思い、以下のような記事を書きました。

 

 

結論としては、安価なUSBメモリの平均寿命は短いので、大切なデータを長期保存するのには不向きであるという結論に至りました。

一方で、データを一時的に短期間保存するのであれば、USBメモリは非常に手軽ですよね。

ちょっと撮った動画を編集が終わるまで一時的に保存するなど、使い道は色々とありそうですが、動画を保存するとなると、それなりの容量が必要です。

そんな中、ふと疑問に思ったのが、

USBメモリの容量ってどれくらい保存できるのだろうか?

最大で何GB保存できるものなのだろうか?

そんな疑問がひしひしと沸いてまいりました。

HDDですと、普通にTB(テラバイト)のHDDが売っていたりしますが、USBメモリはコンパクトな分、容量が小さいものが多いというイメージがありますよね。

そんなワケで本日は「USBメモリの容量は最大で何GB?」と題しまして、市販されているUSBメモリは容量が大きいものでどれくらい保存できるのか?調査してみましたので、シェアさせて頂ければと存じます。

最後までお付き合い頂ければ幸いです😊

 





USBメモリの容量は最大で何GB?

なんとなんと4TBですって!!

試作品ではあるものの、4TBのUSBメモリが存在するのですね。おそらくこちらが世界最大容量なのではないでしょうか?

4TBあれば動画を保存してもだいぶ保存できますよね。

長期間保存しないことを考えれば、十分な容量だとは思いますが、4TBのUSBメモリって市販されたらきっとお高いんでしょうね。

量産されて値段が下がって来るのを待つばかりです。

 

USBメモリ コスパが良い容量は?

4TBのUSBメモリは非現実的ですので、コスパが良いUSBメモリは一体どれくらいの容量なのか考えてみたいと思います。

こう見てみると32GBがコスパという観点では良さそうですね!

64GBを超えるとお値段の桁が変わりますが、逆に32GB以下を比べるとお値段に大差はないですからね。

32GBあれば写真や動画の一時保存でしたら十分に役目を果たせると思いますし、お値段のことを考えるとベストな容量なのではないでしょうか。

 





スタバのUSBメモリはかわいい!

容量以外でも個性的なデザインが多いのがUSBメモリの特徴ですよね。

同じデザインのUSBメモリを沢山持っていると、どのUSBメモリに何のデータが入っているか分からなくなってしまうので、毎回異なるデザインのUSBメモリを買うようにしています。

スタバのUSBメモリは確かに可愛いですね!

 

バイオリンのUSBメモリも可愛い

バイオリンのUSBメモリもオシャレですね!

こうやって好きなデザインがPC周りに置いてあると幸せな気分になれますので、ある一定の容量さえ確保されていれば、デザインでUSBメモリを選ぶのも全然ありですよね。

探せばきっとピアノのUSBメモリも売っているんだろうなー(欲しい)

⬇️Amazonで探したらありました!安いし買っちゃおうかしら!


zmayastar Micro USBメモリ 8GB マイクロUSB 高速 USB2.0 フラッシュメモリ 防水 安い ストラップホール付き タブレット パソコン USBフラッシュ かわいい 人気 ピアノ SH-UP-02-2 (マイクロUSB-1)

 

iPadもUSBメモリが挿せるようになります!

USBメモリ関連のトピックスといえば、先日のAppleの発表会で、iPadが外付けのUSBメモリに対応することが発表されました。

これまではiPad内蔵のストレージ容量が足りない場合は、iCloudやドロップボックスなどの外部クラウドサービスを使うくらいしか選択肢がありませんでしたが、外付けが使えるようになると色々と使い勝手が向上しそうですね。

拡張性が少ないので、初めから容量の大きいiPadを買うというのがこれまでの定石でしたが、初期費用を抑えて、容量が必要になった際に改めてUSBメモリを繋げるという選択肢が増えたことは、お財布にも優しいですよね。

iPadOSへのアップデートが今から楽しみです!

 

USBメモリよりも小型SSDが外付けストレージの最先端?

USBメモリといえば上記のようなニュースも最近読みました。

外付けSSDのストレージの小型化が進み、価格も安価になり、容量も増えて来たので、USBメモリよりも外付けSSDの需要が今後高まってくるかも知れませんね。

いずれにしろコンパクトというのは最大の魅力だと思います。

 

USBメモリの容量は最大で何GB?:まとめ

・USBメモリの容量4TBモデルの試作品が登場(おそらく最大容量)

・USBメモリは32GBのコスパが抜群

・デザインでUSBメモリを選ぶのも良し

・外付けSSDという選択肢も今後は視野に入って来そう

以上、本日は「USBメモリの容量は最大で何GB?」と題しまして、USBメモリの最大容量の調査に加え、USBメモリにまつわるエトセトラについて、色々と綴ってみました。

-ライフハック

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.