「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ライフハック

大手企業の子会社に就職・転職するデメリットを知りたい!

2020年2月23日

大手企業の子会社に就職、転職するデメリットを知りたい!

 

一流企業で働く、というのは多くのサラリーマンが求める希望の1つです。
でも本当にそれが幸せと言えるのでしょうか?

大手企業の多くが関連子会社など、事業展開している場合も多くあります。
その子会社で働くということにはどんな問題点があるのでしょうか。

 





子会社への就職、転職はおすすめできる

 

大手企業の子会社に就職・転職するデメリットを知りたい!

 

私の個人的な意見ですが、大手企業の子会社への就職や転職はおすすめできる
と思っています。

確かに子会社で働くことのデメリットというのはあります。
人によってはとても我慢ができないと思えることもあるかと。

ただ子会社で働くことはデメリットだけではなく、ちゃんとしたメリットもあります。
私としてはそのメリットがとても大きいという結論になりました。

そして子会社で働くことのデメリットを把握していれば、余計なトラブルに
巻き込まれることも少なくなるはずです。

 

子会社で働くことのメリットは安定性

まずは大手企業の子会社に就職、転職をおすすめするその理由を説明します。
大まかに言ってしまえば、大手企業の子会社には安定性があります。

大手企業ほどの安定性はありませんが、普通の中小企業に比べればかなり高いと
思われる安定性があります。

そんな安定性のある会社なのに就職や転職など、入社試験に通りやすいというのも
メリットになります。

 

経営が安定している

子会社の経営権を持つのは基本的に親会社です。
その巨大な資本を持つ企業をバックに持っている、という安定感が大きな魅力です。

また特別な業務のために、その部署を子会社化したということも多くあります。
その場合は経営が傾いたとしても親会社がしっかりとフォローしてくれることも。

普通の中小企業に比べると、経営の安定性というのはとても高いのが子会社の
大きなメリットになります。

 

親会社に比べると内定が出やすい

大手企業の親会社と比べれば、子会社のほうは内定が出やすいです。
競争率という意味でも少なくなりますし、求められる技術がわかりやすい場合も多いです。

求人倍率は親会社と比べればとても下がりますし、当然ですが要求される能力も
変わってきます。

先ほどのように特別な事業のために子会社化した企業なら、求められる能力も
わかりやすいので自分にあっているかもわかりやすくなります。

 

福利厚生が手厚い

大手企業の子会社なら、親会社と同じような福利厚生を受けられる可能性が高いです。
子会社ですが同じ系列会社なので会社のサポートがとても充実していることも。

親会社が福利厚生に力を入れている場合、その流れを子会社でも受け継いでいる
ということも多いのです。

働きやすい環境で仕事ができる、というのはとても大きな魅力になるのですが
大手企業で見られるその魅力が子会社でも受けられるのはとても大きなメリットです。

 

大手企業の名前が入っているので世間体がいい

子会社は基本的に親会社の名前が入っています。
普通の人から考えると、わかり易い名前の入っている会社に勤めているという印象です。

こちらは会社名に親会社の名前が入っているところに限定されてしまいますが。
一般的にはとてもわかりやすいステータスになります。

 





子会社で働くデメリットはとにかく親会社が関係してくる

 

大手企業の子会社に就職・転職するデメリットを知りたい!

 

では子会社で働くことのデメリットについても考えてみましょう。
こちらも簡単に言えば、とにかく親会社が関係してくることです。

経営に関してはもちろん、通常営業や人事に関してもとにかく親会社が口を出して
色々と引っ掻き回してくるということも。

子会社のデメリットはほぼ親会社が関係してくる事になります。

 

親会社から上司が出向してくる

子会社の優秀な社員を親会社に出向させることもある、ということの反対で
多分こちらのほうが多いと思われる子会社への出向です。

特に親会社で戦力外と判断された社員を子会社に出向させることも多いので
突然使えない上司が出来るという場合も。

また親会社から出向してくる人は、多くの場合別のトラブルも抱えています。

 

親会社の社員が子会社を下に見る

たとえ役職が同じでも、親会社の社員の方が偉く立場も上と考える人が多いです。
特に親会社から出向してくる人はこの考え方を持つ人も多いという・・・

親会社から来た上司がわがままで部下の言うことに耳を貸さない、横柄な態度を取る
というトラブルは多く聞きます。

そして子会社の方にも親会社には頭が上がらない、という考えを持つ人も多いので
パワハラが横行するという危険な状態になる可能性があります。

 

親会社の事業整理で解体される場合も

親会社の経営状態によっては子会社を売りに出す、解体してコストを減らすということも。
子会社の経営状況が良くても安心は出来ません。

特別な事業のために作られた子会社の場合、事業撤退のために子会社を解体するという
扱いを受ける可能性もあります。

子会社の経営状態に加えて、親会社の状態にも注意する必要があります。

 





デメリットを把握していれば子会社で働くリスクは少ない

 

大手企業の子会社に就職・転職するデメリットを知りたい!

 

確かに子会社で働く場合のデメリットはあります。
でもそれを把握していればリスクはとても少なくなります。

経営状態に関しては子会社だけではなく親会社も確認しておけばいいのです。
出向社員の性格に関しても、把握していれば余計なトラブルに発展しません。

入りやすく働きやすい子会社は転職、就職に十分おすすめできます。

 

大手企業の子会社への転職は転職エージェントがオススメ

大手企業の子会社へ転職してみたいけどコネもないしな・・・自分にはどうせ無理だろう・・・
そんな風に諦めている方はいらっしゃいませんか?
そんなときは転職エージェントの利用をオススメします。経営の安定した会社は、採用にかける予算にも余裕がありますので、エージェントを介して中途入社者を募るのが通常です。
下記にオススメのサイトへのリンクを貼っておきますので、もし興味がありましたら、覗いてみて下さい。もちろんいずれも無料で利用できる優良サイトです♪

 

オススメ

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス ※私が前回転職した際はこちらを利用しました。お陰様でブラック企業からホワイト企業へ転職させて頂きました!✨
ゲーム業界 正社員・契約社員で働くならファミキャリ! ※ゲーム業界で働いてみたい方にはこちらがオススメ。安心のファミ通ブランドの転職エージェントです。
IT・WEB業界なら【レバテックキャリア】 ※IT・Web業界への転職ならばレバテックキャリアの評判が高いです。電車の中でもよく広告を見かけますよね。

-ライフハック

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.