「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ライフハック

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

こんにちは!
最近、Mac関連のニュースやブログを読んでいると「シリコンMac」という言葉を目にすることが多くなりました。
インテルMacからシリコンMacへの大変革みたいな?

 

・・・シリコンMac!?

 

スマホのシリコンケースのようなものに覆われたMac!?
チタニウムやアルミニウム、ポリカーボネートなどの色々な材質のMacがこれまで登場したけれど、次のMacはシリコンでできているとか!?

 

そんな風に思っていたのですが、どうやら違うようですね。
ついては、本日は「シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?」と題しまして、その謎を解き明かして行こうと思います。

 





シリコンMacって何?

 

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

2020年6月に開催されたWWDC2020で発表されたのが、この「シリコンMac」です。
2006年よりMacのCPUは、インテル社製のCPUを積んでいました、いわゆる「Intel Core i5」とか「Intel Core i7」とか呼ばれているやつですね。
これを自社製のCPUへ切り替えていくことが発表されました。

 

このAppleの自社製のCPUのことを「Apple Silicon(Appleシリコン)」と呼んでおり、「Apple Silicon(Appleシリコン)」を積んだMacを総称して「シリコンMac」と呼んでいます。

 

つまり外装がシリコン製のMacということではなく、これまでのインテルMacと区別するために、CPUの名称を由来として「シリコンMac」と呼ばれているようです。

 

補足ですが、WWDCというのは、毎年6月にAppleが開催している、開発者向けのイベントで、MacOSやiOSなど、ソフトウェア関連の新商品や新技術が発表されるイベントです。往々にしてハードウェアが発表されることもあるのですが、今年の目玉は、この「シリコンMac」でしたね。

 





シリコンMacに移行するとどんなメリットがあるの?

 

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

シリコンMacに移行するとどんなメリットがあるのでしょうか?
Apple側のメリットとしては、これまでインテル社からCPUを買っていたわけなので、これを内製化することで、コスト削減に繋がるのでしょうね。
商品価格にも転嫁される可能性があるので、我々消費者にとっても、メリットがありそうです。

 

あとは、より低電力で高パフォーマンスを発揮できるとも言われています。
インテル社のCPUはMac専用に設計されているわけではないので、これを自社でMacのために設計(最適化)することで、より効率的なパフォーマンスが期待できるのだと思います。

 

また、どうしてもインテル社のCPUを搭載すると、WindowsPCと比較されてしまい、同じCPUを積んでいるのに、Macの方が値段が高い!みたいな、ユーザーの不満もかわせる(回避できる)ようになると思います。

 

Appleの商品はそのブランドにユーザーはお金を投じている要素が強いと思いますが、それでもスペックだけを比較して、コスパを追求する層も一定数いますからね。
同じ土俵に乗らないことで、安易な比較をされないというメリットも、比較的大きいものと思います。

 





なぜシリコンMacって言うの?

 

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

「シリコンMac」の名称の由来は、自社開発のCPU「Apple Silicon(Appleシリコン)」の名称が由来であるとのことでしたが、そもそも、「Apple Silicon(Appleシリコン)」はなぜ「シリコン」と言うのでしょうか?

 

明確な名前の由来は公表されていないので、推測でしかないのですが、以下のようなツイートをしている人がいたので、

 

 

CPUの素材としてシリコンが使われているのでしょうかね?
インテル社のホームページを見ても、以下のような記述がされています。

 

マイクロプロセッサーの回路は、シリコンでできた「ウエハー」と呼ばれる薄い円板の上に作られます。シリコンは、土や砂に多く含まれる成分で、地球上では酸素に次いで 2番目に多く存在する元素です。ウエハーのもとになるシリコンは、硅石 (けいせき) と呼ばれる鉱物から作られます。鉱山から掘り出された原石は、化学的な方法によって何度も繰り返し精製され、99.999999999% (イレブンナイン) にまで純度が高められます。
引用元:https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/innovation/chips.html

 

したがって、「Appleシリコン」という名称も、そのCPUの素材から取っているものと思われますが、きっとAppleのことなので、何かダブルミーニング的な別の意味合いも込めて、名付けていそうな気もしますよね。

 





シリコンMacはいつ発売?

 

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

シリコンMac発売時期ですが、今後2年間を掛けて移行していくと公言しています。
2020年中に少なくとも何かしらの機種で発売され、2022年にかけて移行していく感じなのでしょうね。

 

最初の対応機種は iMac かもしくは MacBook Pro ではないかと言われていますが、真相は如何に?楽しみですね。

 

ただし、PowerPCからインテルに移行したときもそうだったのですが、最初は不具合といいますか、アプリの相性が悪かったりと、普段使いのアプリが使えなくなって困ったこともありましたので、買い時は考えた方が良いかも知れませんね。

 

少なくとも、「Apple Silicon(Appleシリコン)」搭載機が発売されてから1年くらいは様子を見る方が無難だと思います。
しかしながら、すぐに購入して人柱になるってのも、またAppleユーザーの快感だったりするのですよね・・・みんなの役に立てて嬉しい的な・・・(笑)

 

やはりパソコンは、欲しくなったときが買い時、といいますので、あまり変な打算はせずに、買いたい時に買うのが一番だと思います。

 





シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?:まとめ

 

シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?

 

そんなワケで、本日は「シリコンMacって何?なぜシリコンMacって言うの?」と題しまして、

 

・シリコンMacって何?
・シリコンMacに移行するとどんなメリットがあるの?
・なぜシリコンMacって言うの?
・シリコンMacはいつ発売?

 

上記4テーマでお届けしてまいりました。

 

個人的に期待しているのは、「Apple Silicon(Appleシリコン)」はこれまで iPhone や iPad に搭載されてきたCPUと同系統とのことですので、iPhone や iPad のアプリが、Mac でそのまま使えるようになるのではないか?という点に期待しています。

 

iPhone や iPad と Mac の親和性が更に高まれば、iPhoneユーザーがMacを購入する動機になるなど、Macユーザーの裾野が広がりそうですからね。

 

余談ですが、Mac上でWindowsを動かすことができる 【Parallels】 というソフトが存在します、有名なのでご存知の方も多いと思いますが。
Appleが好きで、パソコンもMacにしたいけれど、いきなりWindowsから移行するのは心配だ・・・という方は、こういったソフトを使ってみるのも良いと思います。

 

 

また、「Apple Silicon(Appleシリコン)」は低電力高パフォーマンスを謳っていますので、ノートPCのバッテリーの持ちが良くなりそうな点にも期待しています。

 

2年かけて徐々に移行するとのことですが、2年なんてあっという間ですからね。
今後のMacの進化に期待したいと思います。

 

-ライフハック

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.