「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ライフハック

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

こんにちは!
早速ですが、今この記事をお読みいただいている方は、おそらく「他人 比較 やめる」「他人 比較 嫉妬」といったキーワードで検索し、お越しくださった方が多いと思います。

 

・他人と自分を比較してしまって、すぐ嫉妬する癖をやめたい!
・他人と自分を比較して劣等感にさいなまれている。
・他人と自分を比較してしまう心理って変えられないものだろうか?

 

そんな風に思ってはいないでしょうか?

 

つきましては、本日は「他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】」と題しまして、他人との比較や嫉妬をやめる方法、他人と比較してしまう心理の改善方法について、深掘りしていきたいと思います。

 





なぜ人は他人と比較をしてしまうのか?

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

なぜ人は他人と比較をしてしまうのでしょうか?
人間の本能に、他人と比較しなければならない何か潜在的な意識が、太古の昔より埋め込まれているのでしょうか?

 

人生の価値観が定まっていないから

自分の人生で何が一番大事なのか?優先順位は何が上で何が下なのか?
という自分の人生の価値観が定まっていないと、どうしても比較対象が他人になってしまうのではないでしょうか。
価値観が定まっていれば、他人に左右されることなく、自分自身がどうなのかという物差しで物事を考えられますからね。

 

承認欲求が抑え切れないから

人間には5つの欲求「生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求」が潜在的に埋め込まれていると言われています。
他人と比較をしてしまうのは、このうち「承認欲求」が抑え切れないから、もっと簡単に言ってしまうと「儲けたい・モテたい・認められたい」という気持ちが本能的に抑えられないのではないかと思っています。

 





他人と比較をしたところで何のメリットもない

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

人生の価値観が定まっていなかったり、もしくは承認欲求から他人と比較をしてしまいがちですが、他人と比較をしたところで何のメリットもないのは、皆うすうす感じていると思います。

 

なぜならば、他人と比較をするとほぼ間違いなくネガティブな気持ちになります。
中には他人と比較をして、自分の優位性を見つけ、優越感にひたるような人もいるかも知れませんが、基本はネガティブな比較をしがちですよね。

 

なぜ彼はあんなに仕事が出来るのか?
なぜ彼女はあんなに幸せそうなのか?

 

他人と自分を比較すればするほど、自分の中にネガティブな感情が湧き起こってしまい、何のメリットもありません。
それに他人のことを嫉妬している時間自体が、何の生産性もなく人生の無駄遣いですからね。

 





他人と比較をするのではなく昨日の自分と比較しよう

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

先日以下のようなツイートをしました。

 

仕事やプライベートでどうしても他人と自分を比較してしまって落ち込むことってありますよね。嫉妬したところで何の成長にもつながらないのに。本当に競争すべき相手は「昨日の自分」なのではないかと最近思うことが多いです。昨日の自分に勝って日々成長していけるよう努力を積み重ねていきたいです。

 

比較すべきは他人ではなく過去の自分です。
SNSなどで他人が切り取った輝かしい光景を羨望するのではなく、半年前の自分と比較して成長しているか?三ヶ月前の自分と比較して成長しているか?昨日の自分と比較して成長しているか?
そうやって「過去の自分」と比較をすることが何よりも大切だと思っています。

 

自分だったらYouTubeへ演奏動画を投稿しているので、

 

・昨日よりもチャンネル登録者が増えたか?
・昨日よりも総再生時間が増えたか?
・昨日よりも視聴者維持率は上昇したか?

 

そうやってデータを分析し、昨日の自分と比較をしながら、PDCAを回しています。
成長の軌跡を実感することができると、それが自己肯定感につながり、更なる成果へとつなげることができます。
このポジティブな思考のサイクルを繰り返すことによって、不思議と他人と比較をすることが少なくなりました。

 

嫉妬心が芽生えたら必ず、この「過去の自分と比較する」ことを思い出してくださいね。

 

余談ですが、私のYouTubeチャンネルへのリンクを貼っておきます。
ぜひチャンネル登録をしていただけると、嬉しいです!
私の自己肯定感が上がります...笑

 

↓筆者のYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/Awamoripf

 





他人と比較しないために覚えておきたい名言

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

他人と比較しないためには「偉人の言葉」を借りるのも効果的です。
実際に世の中で成功した人の言葉は重みもありますし、何よりも説得力がありますからね。
ということで、他人と比較をしないための偉人の名言を紹介しますね。

 

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

 

マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏の言葉です。
ビル・ゲイツ氏はあれだけの資産家にもかかわらず、とても倹約家として知られています。
飛行機はエコノミークラス、好きな食事はファーストフード。
自分の価値観が定まっている証拠、まさに自分自身を侮辱することなく、確固たる人生を歩んでいることが感じ取れます。

 

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。

 

こちらはアップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏の言葉です。
他人と比較をして人生を無駄にするのではなく、「自分の心と直感を信じる勇気」の大切さを主張しています。

 

このように社会的に成功している人は、他人と比較して人生の軸がブレるようなことなく、自分自身を競争相手とし、切磋琢磨した結果、成功を手に入れたのだと思います。
偉人の名言はとても説得力がありますね。

 





他人と比較しないためのおすすめの書籍

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

さいごに、私が最近読んだ書籍の中からおすすめの本を2冊ご紹介します。
いずれも他人と比較をしてしまい悩んでいる方にとっては、道標となる良書だと思いますので、もし興味がありましたらチェックしてみてくださいね。

 


志賀内泰弘さんの「他人と比べない生き方」

 


枡野俊明さんの「競争からちょっと離れると、人生はうまくいく 禅的、「比べない、責めない、こだわらない」生き方」

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】:まとめ

 

他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】

 

そんなワケで、本日は「他人との比較をやめたいあなたへ【競争相手は昨日の自分です】」と題しまして、他人との比較や嫉妬をやめる方法、他人と比較してしまう心理の改善方法について、深掘りしてまいりました。

 

他人と比較する癖をやめるのは、なかなかすぐには難しいかも知れませんが、今回ご紹介した「昨日の自分」を競争相手とする方法・考え方はとてもおすすめです。
今日から実践できるアクションプランだと思いますので、ぜひ日常の中に取り入れて、人生を彩りあるものにしていただければ幸いです。

 

-ライフハック

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.