「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ライフハック

MaaSとは?読み方は?Mobility as a Serviceが日本を変える秘めた可能性

2019年8月9日

MaaSとは?読み方は?Mobility as a Serviceが日本を変える秘めた可能性

 

MaaSは近年注目されてきている

移動手段の一つで、

現在地からワンストップで

目的地まで行くことができる

サービスのことです。

 

Mobility as a Service

(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略で、

「マース」と読みます。

 

時代の流れに伴って

人々の生活スタイルが多様化している

ということを受けて、

このようなサービスが

提供されるようになりました。

 

MaaSには今後の日本の流れを変える、

素晴らしい3つの可能性があります。

 

※当記事に「service 読み方」と検索していらっしゃる方が多いようですので、本筋とは逸れますが補足しておきますと、「service」は「サービス」と読みます。「奉仕」とか「役に立つ」とかそういう意味ですね。

 





MaaSは人々のニーズを的確に捉えることができる

MaaSとは?読み方は?Mobility as a Serviceが日本を変える秘めた可能性

 

可能性の一つ目は、

人々のニーズを的確に捉えることができる

ということです。

 

日本では現在に至るまで

電車やバスなどの公共交通機関をはじめ、

自家用車や自転車などというものを

移動手段として用いてきています。

 

自分の目的や気分などによって

それぞれを使い分けていますが、

将来的にはそれらがしっかりと

機能しなくなってしまう恐れがあります。

 

MaaSは人口減少時代にマッチしたサービス

近年は人手不足や

経営状態の悪化などが問題となっていて、

廃業にまで追い込まれたり

労働者を確保することが

できなくなりつつあります。

 

地方に住んでいて

電車やバスはありますが、

本数が少なかったり

目的地まで一本で行くことができなかったりと

これまでに困ってしまった経験もありました。

 

そんなときでもMaaSを利用することで、

手間や時間をかけることなく

スムーズに移動をすることができます。

 

MaaSはビジネスに活かすことができる

MaaSとは?読み方は?Mobility as a Serviceが日本を変える秘めた可能性

 

可能性の二つ目は、

ビジネスに活かすことができる

ということです。

 

消費者の立場で

便利であるというメリットの他にも、

ビジネスの面において

経済を活性化させることができるという

側面を持ち合わせています。

 

スマートフォンなどの携帯端末から

サービスの利用手続きをすることができたり、

現在の位置を調べることができる

システムを導入しているところもあります。

 

一度そのようなサービスを

利用したことがありますが、

手軽に配車をすることができて良かったです。

 





MaaSは渋滞や事故などの状態をリアルタイムで知ることができる

MaaSとは?読み方は?Mobility as a Serviceが日本を変える秘めた可能性

 

可能性の三つ目は、

渋滞や事故などの状態を

リアルタイムで知ることができる

ということです。

 

ドライブレコーダーなどを搭載していれば、

道路の状況などを把握することができます。

 

様々なデーターを分析して活用することで、

日本の交通をよりいっそう正確に

把握することができるようになると

考えられています。

 

-ライフハック

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.