「人生に彩りを」ピアノ弾きあわもりのブログ。

あわぶろ。

ゲーム

令和はゲーム実況の人気が更に高まる時代になると思う3つの理由

2019年5月3日

令和はゲーム実況の人気が更に高まる時代になると思う3つの理由

こんにちは、あわもりです。

新しい時代、令和の時代に於いて、5Gをはじめとする様々なテクノロジーの進化に伴い、ゲーム実況の人気・魅力がますます高まるのではないかと思い、先日以下の様なツイートをしました。

自動翻訳のテクノロジーの進化が今後進むと、ゲーム実況がますます活況になるのではないかと最近考えています。日本のオタク文化を手軽に世界へ発信出来る、そんな時代が到来するのではないでしょうか。令和の未来を見据え、配信者の皆さんにはこれからも頑張って欲しいとエールを送りたいです!😊

そんなワケで本日は「令和はゲーム実況の人気が更に高まる時代になると思う3つの理由」をテーマに深掘りをして行きたいと思います。

 





令和はゲーム実況の人気が更に高まる時代になると思う3つの理由

僕が「令和はゲーム実況の人気が更に高まる時代になると思う理由」は以下の3点です。

  1. 自動翻訳の進化によって視聴者が世界に広がるため
  2. 人々の余暇の増加に伴いエンターテイメントの需要が増えるため
  3. 政府の後押しが期待できるため

1つずつ解説して行きますね。

 





自動翻訳の進化によって視聴者が世界に広がるため

これまで日本語のゲーム実況者さんの視聴者はあくまでも日本人であったと思います。言葉の壁があるため、日本語の実況動画を海外の方が視聴されるケースは、よっぽど日本のゲームが好きな方に限定されていたものと思います。

しかしながらテクノロジーの進化は速いもので、もう数年が経てば、日本語でアップした動画を自動で英語へ、英語でアップした動画を自動で日本語へ。もちろん、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語など、最初は字幕からかも知れませんが、音声の自動翻訳の技術は日進月歩で進展していくものと考えます。

少子高齢化が進む日本とは異なり、世界の人口は70億人。今後も増加の一途を辿り、2050年までには90億人を超えるとも言われています。ゲーム実況の裾野がグローバルで広がって行くことを考えると、今後ますます隆盛を極める時代が到来するのではないでしょうか。

 





人々の余暇の増加に伴いエンターテイメントの需要が増えるため

これもテクノロジーの進化系の話ですね。2030年までには完全自動運転が実現すると言われています。また、働き方改革の潮流の世の中、テレワークやシェアオフィスなど、必ずしも「通勤→出社」といった形に捉われない多様な働き方が拡大しています。

クルマの運転や通勤から解放された人々にはどれくらいの余暇時間が生まれるでしょうか。仮に毎日の通勤が往復2時間だとした場合、年間400~500時間、24時間換算すると年間20日間前後という膨大な余暇時間が創出されることになります。

その膨大な余暇時間を人々は何に消費するでしょうか。私は、自己投資もしくはエンターテイメントに消費されるのではないかと考えています。ゲーム実況は手軽に楽しめるエンターテイメント消費として、ますます人気を博して行く未来が描けるのではないでしょうか。

 





政府の後押しが期待できるため

最近「eスポーツ」というワードを耳にする機会が増えたと思います。海外では人気が沸騰しており、世界の推定競技人口は1億人超とも言われ、仕事としてゲームをするプロゲーマーの方も多数登場している状況にあります。

その様な状況下、なんと総務省から昨年以下の様なレポートが公表されました。

eスポーツ産業に関する調査研究:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/contents/index.html

日本に於けるeスポーツの認知・普及を進めることを目的に、2018年3月報告時までの国内外のeスポーツの現状や未来への提言がまとめられています。興味があればクリックして頂ければと思いますが、80ページ以上におよぶ、力の入った報告書になっています。

自分は、日本でeスポーツが流行ることには懐疑的に考えているのですが、ガラパゴス化を憂慮し、総務省を中心に研究が進められており、少なからずともゲーム業界への注目が増すことは間違いないと思いますし、「ゲーム配信者」への注目も増して行くのではないでしょうか。

 





ゲームを見て何が面白いの?自分でやらないの?

ゲーム実況

こんな話をすると「ゲームって自分でやるから面白いんじゃないの?他の人がやっているゲームを見るだけで何が面白いの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

確かにそれも一理あると思います。

でもよく考えてみて下さい。「プロ野球を見て何が楽しいの?自分でプロ野球やった方が良いんじゃない?」なんて言わないし思わないですよね。まさにそれと同じだと思います。

自分では到底出来ないようなスーパープレイを動画で見るのは興奮しますし、また、子供の頃、家にみんなで集まって一緒に横に並びながらわいわいゲームをした、友達のプレイを応援した。そんな楽しさがゲーム配信・実況動画の魅力だと思っています。

 

令和はゲーム実況の時代

以上から、新しい時代、令和の時代は、ゲーム配信・実況動画がますます人気を博し、盛んになって行くのではないかな、と思っています。

そんな時代を先読みして、ゲーム実況に今からチャレンジしてみるのも良いかも知れません。

実は自分も多分にやってみたいのですが、なかなか勇気がなくって・・・(苦笑)

誰か一緒に始めてみて下さる方がいらっしゃれば自分も第一歩を踏めるかも知れません。

また、今、ゲーム実況、ゲーム配信をされている方は、活躍のフィールドが更に拡大すると思います。編集など大変だと思いますが、これからも続けて欲しいと思いますし、自分としては応援、エールを送りたいと思います!頑張って下さい!

-ゲーム

Copyright© あわぶろ。 , 2020 All Rights Reserved.